大学院講義

2019年度 学際情報学府 4990300 デジタルアーカイブ原論 柳 与志夫

アナログ情報・デジタル情報が混在する現在、いずれの情報にも目配せをしつつ、デジタル環境を前提に学術研究の成果としての論文を作成しなければならない研究者にとって、デジタルアーカイブ構築に関する知識と技術は、論文作成の基礎的な作法として必須のものとなりつつある。
たとえば、誰もが一度は、デジタル時代の論文作成に関することがらに悩んだことがあるだろう。具体的にいえば、紙の資料をデジタル化する際、どのようなファイル形式を選択すれば、後になって困らないか。メタデータ付与はどうすればよいか。フィールドワーク中に自分で撮影した映像やインタビューは、どう処理すべきか。すでにある画像資料や音声資料の扱いはどうか。論文やインターネット上の記事などを引用する際の出典表記方法を、きちんと押さえているか。日々行っている検索では、いったい何をどこまですくい上げているのかについて理解しているか。情報公開時に考慮すべき権利処理はどうすべきか……、といった問題である。
そこで、この授業では、デジタルアーカイブに関する知識と技能のうち、とくに、論文作成と公開時に必要となるものに焦点をあて、個々の問題の解決法をそれぞれの専門家による講義によって段階的に理解してもらうことを、主たる目的としている。
また、授業時間外に、紙の資料をデジタル加工できる設備も整えたい。履修者自身が個人的に収集した紙の資料を、自分自身でごく簡単なデジタル加工を施し、素朴な形ではあるが、デジタルアーカイブを自分の手で構築してもらうことによって、既存のデジタルアーカイブやデータベースの成り立ちと限界も次第に理解できるようになるであろう。
さらに、この分野に興味を覚えた履修者に向けて、論文作成のレベルを超えた、我が国のデジタルアーカイブの将来的展開に関する知見を得る機会も設けたい。
一連の体験を通して、21世紀のデジタル知識基盤社会を生き抜く知見を養うことが、この授業の到達目標である。

共通科目コード Common Course Code GII-WS6123L1
開講学期 Semester S1S2
開講時限 Period 水曜3限 Wed 3rd
単位数 Credits 2
学年 Academic Year M1 M2 D1 D2 D3 D4
他学部聴講 Open to other faculties 可 YES
教室 Classroom 工学部新2号館 9階・93B
授業使用言語 Language in Lecture 日本語 Japanese
講義題目 Title デジタルアーカイブ原論/ Principles of Digital Archive
授業計画 Schedule
<第Ⅰ部:論文作成のためのデジタルアーカイブ>
第1回(04/10):イントロダクション(授業の概要、目的、評価方法などの説明)
 担当者:柳与志夫(東京大学大学院 情報学環 特任教授)
 福島幸宏(東京大学大学院 情報学環 特任准教授)
 井関貴博(東京大学大学院 情報学環 客員研究員)
 前沢克俊(東京大学大学院 情報学環 客員研究員)
第2回(04/17):論文はどう書くか
 担当者:吉見俊哉(東京大学大学院 情報学環 教授)
第3回(04/24):歴史資料などの取扱
 担当者:宮本隆史(東京大学文書館 特任助教)
第4回(05/08): フィールドワークなどで得られた映像の取扱
 担当者:宮本 聖二(ヤフー株式会社 エグゼクティブ・プロデューサー、立教大学大学院 教授)
第5回(05/15):画像・映像・音声などの資料の取扱
 担当者:嘉村哲郎(東京芸術大学 芸術情報センター 助教)
第6回(05/22): 著作権等の権利処理(1)理論編
 担当者:数藤雅彦(弁護士)
第7回(05/29): 著作権等の権利処理(2)実践編
 担当者:井上透(岐阜女子大学 文化創造学部 教授)
第8回(06/05):メタデータ、参考文献目録の表記方法
 担当者:時実象一(東京大学大学院 情報学環 高等客員研究員)
第9回(06/12):情報検索、OCRの現状
 担当者:井関貴博(東京大学大学院 情報学環 客員研究員)

<第Ⅱ部:デジタルアーカイブ最前線>
第10回(06/19):デジタルアーカイブの産業論(1)
 担当者:長丁光則(デジタルアーカイブ推進コンソーシアム事務局長・東京大学情報学環特任教授)
第11回(06/26):デジタルアーカイブの産業論(2)
 担当者:長丁光則(デジタルアーカイブ推進コンソーシアム事務局長・東京大学情報学環特任教授)
第12回(07/03): デジタルアーカイブのシステム論
 担当者:原田隆史(同志社大学大学院 総合政策科学研究科 教授)
第13回(07/10):デジタルアーカイブのネットワーク論
 担当者:時実象一(東京大学大学院 情報学環 高等客員研究員)
第14回(07/17):ディスカッション
 *調整回

授業の方法 Teaching Methods 講義、質疑応答、レスポンスシートへの記入
各講師による授業80分+質疑応答15分+レスポンスシートへの記入10分
成績評価方法
Method of Evaluation
出席回数、質疑応答などへの参加度、レスポンスシートの提出回数と内容の充実度、受講態度などから総合的に判断する)。
→各授業終了後にレスポンスシート(各7点)を提出する。レスポンスシート提出各7点×12回+平常点16点=100点。
→おおまかな採点基準:100点満点のうち、90点以上取得でA、75点以上取得でB、60点以上取得でC、59点以下は評価を与えない。ただし、教員の指示に従わないなど、受講態度がはなはだしく悪い場合には、レスポンスシート提出の基準を満たしていても評価を下げる、もしくは単位取得を認めないなどの措置を取る場合がある。
教科書 Required Textbook プリントを配布する予定。
参考書 Reference Books 柳与志夫編『入門デジタルアーカイブ』勉誠出版、2017年
時実象一『デジタル・アーカイブ最前線』講談社ブルーバックス、2015年
NPO知的資源イニシアティブ編『デジタル文化資源の活用 地域の記憶とアーカイブ』勉誠出版、2011年
NPO知的資源イニシアティブ編『アーカイブのつくりかた 構築と活用入門』勉誠出版、2012年
NPO知的資源イニシアティブ編『これからのアーキビスト デジタル時代の人材育成』勉誠出版、2014年
福井健策・吉見俊哉監修『アーカイブ立国宣言』ポット出版、2014年
岡本真・柳与志夫責任編集『デジタル・アーカイブとは何か 理論と実践』勉誠出版、2015年
渡邊英徳『データを紡いで社会につなぐ デジタルアーカイブのつくり方』講談社現代新書、2013年
亀山渉監修『デジタル・コンテンツ流通教科書 (インプレス標準教科書シリーズ) 』インプレスR&D、2006年
今井英樹ほか『ユビキタス時代の著作権管理技術—DRMとコンテンツ流通』東京電機大学出版局、2006年10月
福井健策監修・数藤雅彦責任編集『権利処理と法の実務』勉誠出版、2019年3月
履修上の注意
Notes on Taking the Course
授業の概要や評価方法について詳細な説明を行うため、履修希望者は第一回の授業に必ず出席すること。
授業計画は進行状況によって変更することがありうる。